浮池昌二朗

 泌尿器科は外科でもあり内科でもあり、分野は多岐に渡ります。専門とする臓器も副腎、腎臓、尿管、膀胱、尿道、前立腺と様々で、それだけ数多くの疾患を経験することができ、とても興味深い分野だと思います。今後の日本においてはさらに泌尿器科は需要の高まる分野です。学生や研修医の先生方にも泌尿器科分野に目を向けていただければと思います。