村上道洋

平成28年度に泌尿器科入局しました村上道洋と申します。

医療関係者でない友人からは「なんで泌尿器科にしたと?」とか「泌尿器科って性病とかやろ?」と言われます。実際、私も医学部入学まではそう思っていましたし、いわゆるオシモの悩みということでひっそりと診療している印象さえありました。

私は学生時代に小児科や内科になりたいと思っていましたが、優柔不断な性格のためあれもこれもと決められない状態でした。(泌尿器科は全く考えていませんでした。)

研修医になって実際に働くと手術の楽しさに惹かれ、外科系診療科に進みたいと思うようになりました。

そのなかで内科的な薬剤コントロールやロボット支援手術といった最先端の手術があり、小児泌尿器科領域ED領域・性病領域などバラエティに富んだ診療科である泌尿器科は優柔不断な私には大変魅力的でした。

また、多岐にわたる領域があるため、お子さんからご年配の方までたくさんの患者様が泌尿器科に訪れてこられ、以前もっていたひっそりとした診療科なんてイメージなんてありません。

周りの先輩や同期から「ウロっぽいよね。」と言われることもあり、泌尿器科医になると決めるまで時間はかかりませんでした。

何科になるか悩んでいる方あるいは何科にも決めきれないという方は一度泌尿器科に目を向けてみてはいかがですか?