山中達郎

泌尿器科という科に対するイメージとは一般的にどのようなものでしょうか?

おそらく排尿であったり、性病といった男性器を扱う科というイメージが一般的には強いと思います。実際、私もそのようなイメージを持っていた時がありますが。それは泌尿器科の1側面でしかなく、泌尿器科の仕事というのは多岐にわたります。

腎癌を始めとするoncologyや腎盂腎炎、敗血症といった感染症、不妊治療、透析治療、外傷と多種の領域にまたがって、診断から治療まで内科的な側面と外科的な側面を併せ持つ診療科だと思います。

進路に迷っていたり、内科や外科に限らず色々なことがしたいと思っている人にオススメかもしれません。ぜひ一度泌尿器科の仕事がどのようなものなのか見学や研修などで体験していただきたいと思います。