『Cancer Science』に論文が掲載されました!(穴見 俊樹 先生)

穴見 俊樹 先生の熊本大学大学院生としての研究成果が『Cancer Science』に掲載されました。ご指導いただきました熊本大学細胞病理学講座の 菰原 義弘 先生、藤原 章雄 先生 に心から御礼申し上げます。

本研究ではリンパ節にCD169陽性マクロファージが多いほど腫瘍浸潤CTLが多いこと、膀胱癌のような免疫的cold tumorにおいてはCD169陽性マクロファージが減少していること、フラボノイド配糖体であるNaringinはマクロファージにおけるCD169発現を誘導しcold tumorの腫瘍増殖を抑制すること、逆にCD169陽性マクロファージを排除するとその効果がキャンセルされること、などを見出しました。リンパ節洞マクロファージが腫瘍免疫において重要な機能を果たしており免疫治療抵抗性克服の標的になりうることを示した重要な論文です。ご興味のある先生方はご一読ください。

Dysfunction of sinus macrophages in tumor-bearing host induces resistance to immunotherapy.

Anami T, Pan C, Fujiwara Y, Komohara Y, Yano H, Saito Y, Sugimoto M, Wakita D, Motoshima T, Murakami Y, Yatsuda J, Takahashi N, Suzu S, Asano K, Tamada K, Kamba T.

Cancer Sci. 2024;115(1):59-69.

エロ ビデオ 隠されたポルノ映画 セックスビデオ HD ポルノ アマチュアポルノビデオ sex hay sex hoc sinh phim sex khong che
books on zlibrary